女性の薄毛の原因とお勧めの育毛剤とは?

薄毛と言うと男性の悩みというイメージがあるかもしれませんが、実は女性でも珍しくありません。ウチの嫁も産後の薄毛に悩んでいましたが、これには女性ホルモンの減少やそのバランスが乱れることで起こるのだそう。

髪を豊かにする作用を持つ女性ホルモンの分泌が産後一時的に激減してしまうため、抜け毛が増えて薄くなってしまうのです。

その他の原因としては、生活習慣の乱れやストレスによる血行不良や栄養補給の不足、頭皮の皮脂分泌過剰や逆に乾燥していることなども挙げられます。

女性ホルモンによる薄毛の場合

ですから、女性の場合でも育毛剤を選ぶ際にはまず自分の薄毛の原因を見極め、それにあったものを選ぶことが大切です。

例えば枕やブラシにつく抜け毛の量が増えたと感じる場合、これはホルモンバランスの乱れが原因と考えられますから、女性ホルモンを調整してくれる作用を持つ成分を配合している育毛剤が適しています。

ウチの嫁が使っていた育毛剤もこのタイプで、その成分表を見てみると、女性ホルモン調整作用のあるカンゾウ、ヨモギエキス、オトギリソウエキス、ビワ葉エキス、ヒオウギなどが配合されていました。

また女性ホルモンが減少しているということは男性ホルモンが優位になってしまっているということなので、抗男性ホルモン作用のある成分、例えばチョウジや黄金リキッドなども配合しているとなお良いでしょう。

他の原因による薄毛の場合

嫁が使っていた育毛剤には、他の理由による薄毛の原因をも改善する成分が含まれていてなかなか優秀でした。

血行促進作用のあるシャクヤクエキスやカプサイシン、ショウキョウエキス。頭皮の乾燥を防いで保湿するトレハロース、ヒアルロン酸、ベニバナエキス。

頭皮の菌の繁殖を防ぐチョウジやペパーミントなどの抗菌作用のある成分、カンゾウ、アロエエキスなどの抗炎症作用のある成分。ちなみに頭皮に菌が繁殖しているかどうかは、フケの有無(特に大きなフケ)で判断できるそうす。おかげさまで嫁もすっかり妊娠前の状態に戻ったようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする