育毛剤に副作用の危険性はあるのか?

医薬部外品である育毛剤はそれほど副作用の心配がないとされていますが、特定の育毛有効成分を配合しているもので副作用の訴えがあったものも幾つかあります。

育毛の為に健康を害するなんて嫌ですよね。なので私も育毛剤を選ぶ前に、配合成分とその副作用については色々調べてみたんです。

ミノキシジルの副作用

その「有効成分」の1つが、「ミノキシジル」です。ミノキシジルは元々高血圧の患者に使用されていた成分で、血管拡張作用があるため血行が促進されることから、頭皮への栄養補給もスムーズになるため育毛剤にも配合されるようになりました。

従ってもともと低血圧の人が使用すると危険ですし、血管拡張により頭痛やめまい、吐き気を引き起こすこともあります。

フィナステリドの副作用

もう1つ使用に関して注意が促されているのが、「フィナステリド」です。フィナステリドは育毛を阻害する男性ホルモンを生み出す「5αリダクターゼ」の生成を防ぐ作用があるため特に対AGA育毛剤に配合されているのですが、これには副作用として勃起不全や精子の減少、性欲減退などの可能性があることが分かっています。

元々AGA対策として使用されている成分なので、女性用の育毛剤に配合されているはずはないのですが、何かの間違いで女性が、特に妊娠中の女性が使用することだけは絶対にないようにしてください。

フィナステリドは妊娠中の女性がその成分に触れただけでも胎児に悪影響を及ぼす危険性があるとされています。

その他の副作用

この2大成分が特に副作用の危険性がある育毛成分として有名ですが、それ以外でも人の体質はそれぞれで、様々な有効成分が配合されている場合、そのうちのどれかが体質に合わず、痒みや炎症などの副作用を引き起こす可能性があります。

100%天然成分で作られているものなら副作用の危険性も少ないですが、天然成分のどれかにアレルギーを持っている人なら当然アレルギー反応が起こるでしょう。なのでやっぱり購入前にその配合成分については徹底的に調べてからにした方が良いと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする