高校生でも使用できる育毛剤ってあるの?

聞くところによると、実は高校生ですでに薄毛に悩んでいる人やその可能性を恐れている人は少なくないようですね。

高校生で育毛剤って・・と躊躇う気持ちも分かりますが、薄毛対策は早ければ早いだけ有利!私も今頃になって後悔してるんです・・・。なので少しでもその心配がある人なら、今のうちから予備知識を仕入れて今できる対策を講じると良いと思います。

高校生の薄毛の原因は?

そもそも本来ならフサフサの高校生が薄毛に悩まされる原因の1つは、男性ホルモンの影響によるものです。

男の子の場合中学~高校生にかけて男性ホルモンの分泌が活発になり髭が生えたり筋肉質な体つきになったりしますが、このような第二次性徴を促す男性ホルモン「テストステロン」が「ジヒドロテストステロン」というホルモンに変化すると育毛を抑制し薄毛の原因となります。これをAGAと呼ぶのですが、AGAは年齢を選ばないため、男性ホルモンの分泌が活発になる高校生でも起こりうる現象なのです。

また高校生にも多いストレスや睡眠不足、栄養の偏った食事などの生活習慣の乱れも育毛環境を悪化させるため、薄毛の原因になり得ます。

高校生でも使える育毛剤は?

いずれにせよ薄毛に気づいたなら、前述のとおり素早く対応するのが得策。育毛剤も薄毛対策に有効なツールですが、高校生の場合、配合成分に気を付けなければなりません。

例えば血行促進効果のある「ミノキシジル」という成分は、同時に倦怠感や性欲減退、めまいなどの副作用があるため20歳未満の服用は禁止されていますし、肝機能障害や勃起不全、うつ病などの副作用で知られる「フィナステリド」、性欲減退・性的不能、胸の女性化などの副作用があるとされる「デュタステリド」は女性であればその成分に触れることすら禁忌とされています。

ですから高校生の場合、これらの成分が配合されておらず、かつ無添加無香料の天然成分でできている育毛剤が良いでしょう。

確かにその部効果は弱くなりますが、まだまだ体が完成しきっていない年頃、医薬品による副作用で健康な体づくりを阻害されるよりはずっとマシだと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする